パイロゲンFFCで健康生活

パイロゲンFFCで揮発性化学物質を抑える???

広島県広島市のソンジョウ工務店。
パイロゲンはご自身の健康を配慮して愛飲することから始まったが、
本社研修会に参加後、パイロゲンFFCを活用し木材加工をされている
ウッドサークルを訪問した。
その成果を実際に確認して、パイロゲンFFCへの取り組みが始まった。
パイロゲンFFCを全面的に活用した住宅建設に着手したのは平成12年。

パイロゲン希釈液を木材に噴霧してシートをかけておくと、驚くほど乾燥がスムーズになる」
「基礎のコンクリートにパイロゲンを入れた場合、鉄筋が錆びないことが分かった」

などの手ごたえを感じ、パイロゲンFFCによる健康住宅1棟の完成につながった。
基礎の生コンクリートから、建材、内装材、壁の下地、クロス用パテなどに
パイロゲン希釈液を加えたり、噴霧したり、
FFC処理された畳表や畳床を使用するようにした。
その結果、シックハウス症候群の原因となる揮発性化学物質の測定結果は、
ホルムアルデヒドが0.02ppmと厚生労働省の指針値の0.08ppmを大幅に下回る結果となった。

「住まいは安らげるということが第一条件」

と言う村城さん。
ソンジョウ工務店が手掛けるパイロゲンFFCによる住宅作りは、
「人が自然に集まり接客がスムーズにいくような心地よい店舗」
そして「家族が揃ってくつろげる家庭円満の家づくり」が基本となっている。

やはり、家というのは、家族が安心できる場所。
それだけに、これからも、
「住まいは安らげるということが第一条件」
この気持ちを、実際の家作りの細かなところまで浸透させて、
ますますいい家作りをがんばってくださいね。
ソンジョウ工務店さん、応援しています。

FFC元始活水器」導入のきっかけについて、
[「パーマ液やカラー液、整髪剤などのニオイを抑え、
髪や体への負担を少しでも減らせば、お客様だけでなくスタッフの健康に良いと考え、
環境にこだわった健康美容室を目指していたときに出会ったのが、
FFCテクノロジー」でした。
と話す、美容室「リブ」のオーナー村松和子さん。

実際に「FFC元始活水器」導入後の感想 を、
導入してから、ツンと鼻を刺すような液剤のニオイが和らぎ、
店内の空気が爽やかになりました。
お客様にも安心ですし、スタッフの手荒れもなくなり
快適な環境で働けるのが嬉しいですね。
また、水の質が変わった影響からか、お客さまの髪にも良い影響が現れました。
パーマ液のニオイが抑えられ、カラー液は染める時間が短くなり、
乾かすだけで自然にツヤが出て、ヘアクリームなども使わずにまとまり、
「髪が柔らかくなり抜け毛も減りました」とお客様からもとても好評です。

さらに下水道や排水溝の汚れと悪臭がなくなり、カーペットの張り替えの際、
8年ぶりに開けた排水溝があまりにきれいだったので、
業者の方が大変びっくりされていました。
お掃除もとても楽でスタッフも喜んでいます。
とオーナー 村松和子さんは、話されています。

FFCパイロゲンの導入で、お客様はもちろん、スタッフの健康にも
いい影響が出ているようですね。
今問題となっている、環境への影響についても、
排水溝の業者さんがびっくりするほどですから、
かなり環境にもやさしいということでしょうね。
これからも、人・環境にやさしい美容室であり続けてくださいね。

パイロゲンとは関係ないですが、乾燥肌、敏感肌の方は、
チェックしてみては?

→こちら