パイロゲン・FFC活用 食品加工

FFCウォーターに満ちた工場がここに!!
岩手県盛岡市の郊外にある「ベジコーンとづか」。
東北地方有数の野菜カット工場です。

清潔感あふれる工場内は、気になるニオイが全く、
様々な野菜が、多様なサイズ・形に手際よく切り揃えられていく。
工場には、もちろんFFC元始活水器が設置され、
全工程でFFCウォーターが使われている。
全ての野菜は、カットされる前に水(FFCウォーター)に浸けられ、
カット後も再び水(FFCウォーター)に浸けられる。

さらに、道具や器具、床の掃除にもFFCウォーターが使われる。
水を大量に使う職場だけに、工場がまるごとFFCウォーターに満たされている、そんな感じがする。

FFC元始活水器を取り付けようと思い立ったのは、常務の戸塚紀美子さん。
常務は、水の大切さは以前から認識していたという。

「カット野菜は水が命。いろんな水を試してきたが、どんな水を使っても雑菌が増殖し腐敗してしまう。
この一番の課題が、FFCウォーターで簡単に解決したのです。
いろいろとためし、最後にたどり着いたのがパイロゲンFFCなのです。」
と戸塚さんは話す。
 
まさに、パイロゲンFFCにより、業界で不可能だと思われていたことが
可能になったということなのです。
パイロゲンFFCの導入により、他社製品と比較しても、
見た目が美しく、更に雑菌が増えないので保存性が良く、
塩素のニオイもしない、野菜本来の味を提供できるカット野菜になったのです。
 
大手スーパーや消費者からも絶賛され、今や営業に出向かなくても、次々と注文が入るようになった。
FFC導入による経済効果である!

現場スタッフも、FFC導入による鮮度向上等様々な効果を感じている。
佐々川工場長も、
「特にホウレンソウやゴボウは大きな差が出て、アクがよく取れ、嫌なニオイもしない。
変色しないで長持ちするようになった」
とかなりの変化を実感している。

さらに、女性スタッフの手荒れも気にならなくなり、
かごや道具の手入れも水洗いだけで黒ずみもニオイも付かずにきれいになるという驚きの効果。
排水も汚れが溜まらなくなり、ニオイが無くなった。
工場の環境がまるごと変わってしまったのだ!
FFC導入によって、職場環境改善という思っていた以上の結果をもたらしたのである。
 
JR盛岡駅前のビルの地下には「ベジコーンとづか」の姉妹店があり、
FFC元始活水器はこちらでも大活躍。
FFCウォーターでつくる氷と、フルーツだけで作った生ジュースが大評判を呼んでいる。
果物本来の味が引き出され、新鮮な風味が体を癒してくれる。

FFCウォーターを導入することで、新しい発見が生まれ、
創意工夫をかき立てるような気風が職場に育ってきた。」
と職場全体でその変化を実感している「ベジコーンとづか」なのです。

パイロゲンFFCの導入というひとつのきっかけで、
会社全体が大きく変わって、以前とはまったく違った会社になったようですね。

これからも、新鮮なカット野菜を、届けてくださいね。

パイロゲンとは関係ないですが、乾燥肌、敏感肌の方は、
チェックしてみては?
URL→http://akusirio.zeitakulife.com/

FFCの導入で三冠王になった、酒蔵「宮崎本店」について
まとめてみました。


三重県に蔵元をおく創業160年の酒蔵「宮本店」(文化財建造物に指定)は、FFCの導入で全国の酒造会社初の三冠(2002年の三重県県知事賞、名古屋国税局鑑評会首位、全国新酒鑑評会金賞)を受賞した。


江戸時代以来160年の歴史を有し、文化財建築の中で純米大吟醸を醸し、
国内外の賞を総なめにする蔵元。
伝統歴史的建築物を活かし、きき酒の「日本酒大学」を開校。
杜氏の技を活かし、その伝統技術を若い職人に伝承させながら、
新技術のFFCを大胆に導入。



さらに、ISO国際品質規格9001とISO国際環境規格14001の認証を
共に取得している世界中で数少ない酒造メーカーである。

宮本店では、日本酒も焼酎も全てがFFC元始活水器の水をベースに作られている。

仕込み水をFFCウォーターにすることによって商品の風味や香り、
品質を向上させただけでなく、
酒造プラントのメンテナンスも格段に楽になり、
工場に隣接する河川には魚の群れを呼び戻した。


FFCはここでも経済と環境両方に効果を発揮している。



さらに、世界中から優れた製品を発掘、 顕彰することを目的として開催される
世界的な酒類・食品類のコンテスト「モンドセレクション」にて金賞連続受賞するなど、
海外で評価を得たことは、FFC仕込みの酒が、
欧米などの高級ワインの食文化にも受け入れられたことを意味している。
これは立派な文化的国際貢献である!



21世紀,酒造産業も規制緩和と消費者ニーズの多様化などで、大競争の真っ直中,宮社長は
「今は大変な時代!大変とは、大変化の時代で大チャンスの時代」
と喝破する。


大手メーカーが集積する灘においても、
黒字企業は10社中3社に過ぎないと言われているこの時代、
「宮の雪」は最有力のコンビニチェーン世論調査でトップに立ち、
中部・東海地域の250店舗に採用が決まった。


FFCパイロゲンの導入以来、
先進性に磨きをかけてきた宮本店にアメリカから嬉しいニュースが飛び込んで来た。
第39代大統領であり、引退後は世界平和にむけ果敢に紛争地へ赴き、
ノーベル平和賞も受賞しているジミー・カーター氏が
宮本店の「入魂宮の雪」の大ファンであり、
度々注文しているとのニュースである。


FFCパイロゲンは地球環境の改善と人々の健康を願う技術。
「Good Old Day」は宮社長がアメリカの人々に提案するFFC焼酎のネーミング。

今、FFCパイロゲンは世界に向けて平和を祈念し、「人と水との物語」を発信しているのだ。

FFCパイロゲンの導入もそうですが、
酒造りへのこだわり、気持ちが、世界に認められるものを作ったということなのでしょうね。
これからも、世界に向けて、いいものを送り出してもらいたいですね。


パイロゲンとは関係ないですが、乾燥肌、敏感肌の方は、
チェックしてみては?
URL→http://akusirio.zeitakulife.com/
パイロゲン・FFC活用で豆腐製造を行っている岡山県の小幡商店は、
製造に使う機械は年季が入り、水槽も業務用バケツも床も鍋も使い込まれて凹んだり、すり減ったりしているが、
驚くほどきれいで,衛生環境の維持に心配りがなされている。
つまり、プロフェッショナルの空間だと言え、気持ちが良くて安心できる。

パイロゲン・FFC活用で豆腐製造を行っている小幡さんの豆腐は、異常に雑菌が少ない。」
なんと、保存日数7日目で、細菌数300 CFU/g以下(実測値10以下)。
もちろん、誰もがこの数字を出せる訳ではない。

食品の安全性を監視する行政関係者によると、
「薬品を使うでもないのに立派です。業界の目標にはなるが、他の豆腐屋さんに強制はできない」

衛生問題の担当者も、パイロゲン・FFCの力を活かした小幡商店の衛生管理には一目置いている。

小幡商店では、早朝の仕事後、FFCウォーターで徹底的な清掃と機械・器具のメンテナンスを実行。
FFCに加えこの継続があってこそ、稀に見る小幡商店独自の衛生基準が誕生したのです。

また、パイロゲン・FFCの導入をきっかけに、安全・品質最優先 という考えのもと、
豆腐作りの全行程を見直し、使用する大豆の全てを国産大豆とした。
実は、国産大豆は市場で入手しにくいが、大豆を生産しているFFC農家と出会うことでこの問題も解決。
つまり、パイロゲン・FFCは技術の向上だけでなく、人の繋がりも運んできたというわけです。

豆にこだわることにより、豆腐の生産量は二分の一になったが、
商品に信用力が付き、価格決定権を取り戻し、販売実績が安定してきたため、収益は落ちていない。

やはり、「良いモノは良い」厳しい競争の時代では、見ている人は見ている。
よいものが選ばれるこれからの時代、各分野でパイロゲン・FFCを正当に評価してくれるであろう。
衛生面、安全性、品質、どれをとっても申し分のない小幡商店は、こうしてパイロゲン・FFCの導入と共に、
業界内で新たなるポジションを獲得したといえるのではないだろうか。

最後に、小幡さんの話の中で、印象に残った一言を取り上げておくと

「豆腐が腐るのではなく、水が腐るのです。水をFFCウォーターに変えれば、水が腐らないから、豆腐も生き続けるのです!」

目から鱗が落ちる!とは、このことだろう。
地域オンリーワン企業の誕生と、これからのますますの発展 に期待したい。