パイロゲン・FFC活用 畜産

パイロゲンFFCを活用して、たまごの生産をされている広島県世羅高原にある有限会社津口ファームを紹介しますね。
パイロゲン・FFC活用の津口ファームは、大自然の中で、ヒナから卵まで一貫生産をし、年間飼育数は、なんと25万羽というかなり大規模な養鶏場です。

鶏舎内に日光を取り入れ、さらにパイロゲンFFCテクノロジーの導入により、健康な鶏を育て安全・安心な卵の生産を毎日しています。
生産された卵は、オートメーション化された洗卵選別包装施設に送られた後、GPセンターでパック詰めされ出荷されます。

一般的な大規模養鶏場では、次亜塩素酸ソーダで洗卵されますが、津口ファームではパイロゲンの希釈液で洗卵を行います。
以上のように、初めから終わりまでパイロゲン・FFCテクノロジーを活用している、それが、津口ファームでのたまごの生産です。

そんな津口ファームの卵は、保健所の検査機関などによると細菌数が、なんと!ゼロ。
アレルギーのお子さんでも安心して食べられるというほどの卵なんです。

ここで、津口ファームと一般卵で行われたある実験を取り上げてみます。
内容は、正確にお伝えしたいので、引用させていただきます。

↓−−ここから−−

広島大学大学院生物圏科学研究科の中野宏幸教授は、パイロゲン・FFC活用の津口ファームの卵と一般卵による細菌増殖実験を行った。卵をサルモネラ菌の菌液あるいは鶏糞の液体に2晩漬けた後、37度で長期間保存。すると、2日目には、FFC活用の卵は菌が全く見られなくなり、また鶏糞の液体に漬けた卵も菌数が少なかった。
一方、一般の卵はすべての卵が腐敗状態になり、1g当たりの菌数が1億以上になるという驚くべき結果が得られた。
中野教授は、「今の養鶏はストレスがかかることによって生体防御機能が低くなり、それが菌を増殖させるきっかけになっている」と指摘した上で、「FFC活用によって本来卵が持っていた力を取り戻すことができる。今後は、そのような生体本来の防御機能を引き出すシステムを構築することが重要」と解説した。

↑−−ここまで−−

これだけに違いが出ると、さすがにすごいですね。
実は、私も、津口ファームさんのではありませんが、FFCを活用して生産されている卵を食べています。
最初に、“これ○ヶ月前の卵だよ”と言って割っていただいた卵のきみを見たときの驚きは、今も忘れません!
えっ!ほんとに!???
もう新鮮そのもの!
それだけ、すごかったですよ!

では、FFC導入で地域に愛される養鶏場となり、なんと経済性までアップした内容について、取り上げておきますね。

養鶏場ということから、どうしてもついてくるのが、大雨が降ったときなどの糞尿の流れ出しによる悪臭の周辺地域での問題です。
一昔前、社長の門田和晴さんは眠れない日々が続いたといいます。そんな時にパイロゲン・FFCの話を聞きすぐに導入を決意。その効果はすぐに現れ始めたといいます。
今まで、眠れないほど悩まされた地域住民からのクレームはなくなり、逆に「頑張ってね」と励まされるまでに。
ハエや臭い等の畜産公害がみごとに解消されたのです。

しかも、その鶏糞は賞を受けるほど良質な肥料に生まれ変わり、地域の農家へ販売・還元されているそうです。
さらに、それまで75%だった産卵率が、パイロゲン・FFC導入後80%になり、コスト削減という思わぬ経済効果も生まれたとのこと。

岡山大学農学部の横溝功教授によると、わずか5%でも、25万羽であれば、経済効果は、なっ、なんと、4800万円になるそうです。さらに、育成率の向上で元気で健康な鳥が飼えるので、薬剤費も削減され、諸々を計算すると5000万円の経済効果が。
しかも、これには従来より卵の価値が上がり高く売れるという高付加価値部分の計算は入っていないといいます。

パイロゲン・FFCの導入により、

「タンパク源となるおいしくて安全な卵を適正な値段で提供し消費者の方に食べてもらいたい」

という門田社長の思いは、継続してかなえられているのです。

どうでしたか?
悪臭問題に関しては、FFCの活用が広まれば、大きく改善されることが期待できますよね。
安全で安心して食べられるものを生産して届ける、それだけでなく今まで抱えてきたいろいろな問題解決へのヒントになりそうですね。


パイロゲン活用商品に興味のある方は、こちら!


FFC元始活水器パイロゲンを活用している、「頑固おやじのぶた」大西畜産では、生産物をただ作るだけでなく、その生産物を食べて頂くお客様の健康を考えて生産するのが、これからの農業であるという考えで、生産をしています。
そのために、豚肉にとって、またそれを食する人間にとって、とても大切な水に非常なこだわりを持って生産物を作っています。

頑固おやじのぶたは、豚肉が持っている本来のおいしさと、やわらかさをひきだしていて、
焼肉では、塩こしょう。しゃぶしゃぶでは、ポン酢の味付けで、おおにしの頑固おやじのぶたのおいしさが、十分味わえます。

そんな頑固おやじのぶたは、
『頑固おやじのぶたオンラインショップ』で購入可能!
だそうです。興味のある方は、のぞいてみては^^

それでは、頑固おやじのぶたの4つのこだわりを、詳しく紹介します。

内容を正確に伝えたいので、大西畜産ホームページより引用させていただきます。

↓−−ここから−−

1.まず美味しさへのこだわりは、豚の品種から始まっています。生産性だけを追求し、筋繊維の荒いハイブリッド種は使用せず、筋繊維が細かくて、食べて美味しい在来種で、あくまでもおいしさにこだわった、LW・Dという品種です。
繁殖のいい白色系の雌に、デュロック(D)という肉質のよい筋繊維の細かい、食べておいしい品種を交配しています。安全性確保のために、雄、雌ともに自家生産しています。原種の確保に人工授精も導入しています。

2.そしてえさには、ライ麦を使用して脂肪をより白く、品質のよい脂肪に仕上げてあります。飼料には、FFCミネラルを添加して、肉の臭みを取り、やわらかさをひきだしています。
また、ペレットにすることにより、生産効率の向上と環境面の配慮も忘れていません。

海藻の粉末と木酢液の添加物 ライ麦入りの仕上げの飼料
3.その次は、水です。肉の大部分を占める水は非常に大切なものと思います。地下100メートルからの、青山山系からの伏流水を、(株)赤塚が販売している「FFC元始活水器」に接触させて活性エネルギーの高い水に変えています。
この水を使用することによって、さまざまな成果が上がっています。肉は、臭みがなく非常にやわらかい肉になり、環境面では、臭気が減少したり、害虫の発生が減少したり。生産現場では、出産頭数が増えたり。力のある水、というところです。
この水の特徴は、次のとおりです。

(ア) 抗酸化の働きにより、生物の機能や活性を高め酸化や腐敗を抑制。
(イ) 水を活性化し、ミネラルや栄養分の吸収を助ける。
(ウ) 水と土壌を改質し、自然界の物質循環を円滑にし環境を改善する。
(エ) 活性セラミックス「元始活水器」に接触させた水に更に高いエネルギーを与える為にパイロゲンを混入させています。週3回1000倍液3tを与え、現場の成績データ−の向上・環境面への配慮を忘れていません。



その次は、安全性の積極的な情報発信です。 使用している、飼料と薬品、飼育情報は松阪食肉衛生検査所のホームページで公開しています。
また、生産履歴をさかのぼれるシステムを試験運用中です。
まだまだ不十分ですが、おいしさと安心、安全な農産物作りにまじめに取り組んでいます。
松阪食肉衛生検査所に使用しているワクチン、抗生物質、衛生プログラムを公開し、ピンポイントでの抜き打ち検査を実施。結果を松阪食肉検査所のネット上で公開中。
要指示薬、飼料添加剤の使用状況を記録、保存。
消毒薬の散布状況を記録、保存。
サルモネラ対策で殺鼠実施状況を記録、保存。
地下水の毎月の使用記録、水質分析を年2回実施、保存。
放流水の排水を分析、保存。2003/05分析、BOD18ppm,SS1ppm
履歴をたどる為に、肉豚1頭ごとに母豚番号を切耳。
2004年11月より肉豚1頭ごとに識別番号を装着。
2005年4月より、自社ホームページにて、トレーサビリティを開示。
農場訪問者記録の記帳と作業日報の記録保存。

3つ目は、環境面への配慮です。環境三法に対応しているのはもちろんですが、排水は中空糸膜を採用して、SSの場合伊勢湾放流規制の100分の1の1ppmという、非常にきれいな水にして放流しています。
また、飼料もペレットを採用し、より少ない飼料で大きくなり、固形物の量も減らせる、環境配慮の飼料を採用しています。
農場からは毎日3トンの堆肥と12トンの排水が出ています。 堆肥は、発酵機で発酵させて、家庭菜園、野菜畑、田んぼで使用しています。いずれも、大変おいしい、野菜、果樹、お米です、また花は、鮮やかで花もちが良いと評判です。畜産と耕種の連携をとり、循環型の農業を目指します。
汚水は農業用水へ排水していますので、バクテリアによる分解と最先端の中空糸膜を使用して、伊勢湾排水規制の1/10程度まで排水濃度を下げています。
紙のゴミは燃やして一酸化炭素を出さずに、できるだけシュレッダーにかけて敷材としてリサイクルしています。環境へも頑固にこだわります。
発酵済みの堆肥 浄化された汚水


4番目は、受注生産です。新しさにこだわるために考えました。注文いただいてから、お届けまで1週間くらいかかります。非常にドンくさいですがこれも新鮮さへのこだわりです。

以上が、頑固おやじのぶたのこだわりです。
このこだわりは少しずつ変化をして、よりよいものへ常に変えていきます。どうかご声援ください。
おかげさまで、「平成16年度三重県食の安心・安全を伝えるビジネスプラン」コンペの豚肉部門で優秀賞を受賞しました。ありがとうございました。

↑−−ここまで−−

たいへん人気の「頑固おやじのぶた」は、
オンラインショッピングで購入可能ということでしたので
興味のある方は、ご覧になってみてください!


>>頑固おやじのぶたオンラインショップへ

パイロゲン活用商品に興味のある方は、こちら!

パイロゲンFFCの導入で、独自ブランドの低温殺菌牛乳を製造・販売している広島県のトムミルクファーム。
地下水ポンプにFFC元始活水器を設置し、貯水タンクにもFFCセラミックスを投入している。
そして、牧場で使用する水は全てFFCウォーターで、乳牛が飲む水やエサに混ぜる水にはFFCパイロゲンも利用している。

また、フリーバーン方式の牛舎にスプリンクラーを設置し、FFCウォーターのミストを定期的に散布するようにし、FFCミネラルを必要に応じてエサに混ぜ、牛舎内にはFFCエースを撒くようにしている。
つまり、FFCを酪農全体に活用するという、徹底ぶり!
FFCWATER WORLDの放送直後から、地元テレビ局やNHKの取材が殺到、知名度も信用度も一気に高まり、
パイロゲン・FFCを活用した健康な乳牛飼育、衛生的な牛舎環境、安全・安心でおいしい牛乳が注目されるようになった。

NHKの番組では、酪農廃棄物を良質な堆肥に変え、地元の稲作農家に供給していることも大きく取り上げられ、沖社長の地産地消やブランドに対する考え方も

「現在の沈滞する酪農・畜産状況の中で画期的!」

と伝えられ、

来訪した学術視察団も、悪臭の無いこと・堆肥の発酵が良いこと・牛乳の味が極上なことに驚き、専門家として高い評価を下した。

乳牛の健康状態は、「体細胞数」という、牛乳の中に含まれる抗体的な細胞数で判定されます。
人間も病気にかかるとリンパ球等の特殊細胞数が通常より多くなるように、
乳牛も「体細胞数の多い牛は健康面に何らかの懸念がある」と判断されるのです。

平均的な乳牛の「体細胞数」は、1cc当たり30万個で、「体細胞数」が多いと出荷時に金銭的なペナルティーが課せられる。

実は、トムミルクファームでもパイロゲン・FFC導入前は出荷できずに捨てることもあったという。

搾乳は農業で言えば収穫で、せっかく収穫したモノを捨てる気持ちは言葉にならないくらい悔しく、歯がゆいものなのです。
この悔しさをバネにパイロゲン・FFCの活用を決め、パイロゲン・FFCの活用後は、一流牧場の証とされる体細胞数10万台をキープするまでに至ったのです。

以前受けたペナルティーはボーナスへと変わり、その後夢だった「体細胞数」8万台を達成し、広島県下で堂々のトップに踊り出るまでになりました。
搾乳の乳量も乳脂肪データも向上し、繁殖効率もウナギのぼりになり、県内どころか全国の酪農家が注目する牧場になった。

牧場の全システムにパイロゲン・FFCを使いこなし、牛舎の環境・衛生管理と乳牛の健康管理を効果的に結びつけた「トムミルクのこだわり」が、この成果に、つながったのです。

育成牛環境部門金賞、環境美化コンテスト金賞、牛乳品質優秀賞を受賞し、
BSE問題を乗り越え、夢はチーズなどの乳製品全般の製造販売、さらには来訪者にも楽しんでもらえる体験型牧場の建設へとふくらんでいます。

徹底したパイロゲン・FFCの活用で、安心、安全、おいしい牛乳、
なにより、大きな信頼をつくりましたね^^

これからも、大きな目標に向かって、がんばってください!

パイロゲン活用商品に興味のある方は、こちら!