パイロゲン・FFC活用 施設

パイロゲン・FFCの導入で、塩素臭が抑えられ水の透明度がアップ!

港洋館みなとサウナでは、あらゆる水循環系にパイロゲン・FFCを導入。
九州有数の観光・経済都市の長崎県。県庁所在地の長崎市の中心部、県庁下に「港洋館みなとサウナ」はあります。

港洋館みなとサウナは、長崎を訪れる観光客やビジネスマンの憩いの場としての人気スポットとなっています。
パイロゲン・FFC元始活水器を導入して、施設内のあらゆる水循環系にFFCウォーターがめぐり、休憩室、食事処、カプセルホテル、コインランドリーなど、さまざまな場所が快適な環境へと変化しました。

当初、パイロゲン・FFC導入には半信半疑だったが、
導入して3カ月経ったとき、水に輝きが出てきたのです。

森晴雄取締役相談役も
「水道水とせせらぎの水を比べるくらいの違いが現れました。キラキラと透明度のある湯となり、それまで感じていた次亜鉛素のニオイがしなくなった。保健所の方も驚かれていました」
と驚きの変化でした。
さらにすごいのは、カビも少なくなり、下水まできれいになってしまったのです。
サウナは一日中営業している上、密閉した休憩室で朝方まで長時間休んで一泊する人も多いため、
ほとんどのサウナはニオイがこもってしまうのが現状です。

ところが港洋館みなとサウナはパイロゲン・FFC活用の加湿器が休憩室に取り付けられていて不快な臭いがないのです。
サウナで一汗、心身爽快!すっかりリフレッシュできるので、お客様は満足度もUP!です。
リピーターが多いというのは、当然の結果かもしれませんね。

パイロゲン・FFCの導入による清潔な職場環境は、
スタッフの健康にもつながっています。

パイロゲン・FFC導入以前の浴室は、なかなか汚れがとれず、掃除が大変!
ところがパイロゲン・FFCウォーターの活用によって汚れがこびりつかなくなり、落ちやすくなったのです。
毎日大量の排水が流れる排水口もピカピカ。
パイロゲン・FFCの導入のおかげで、清潔な環境が保たれることにつながったのです。

また、パイロゲン・FFC導入以前は、人の出入りの多いフロントでは、スタッフが「喉の痛み」をよく訴えていました。
一種の職業病といった感じです。それがパイロゲン・FFC活用の加湿器を取り入れてから痛みを感じないようになったといいます。

さらに、風邪をひきやすい体質だった森氏は「風邪を引かなくなった。次第に体質が改善されたのだ」と話されてます。

また、森翔就代表取締役はパイロゲン・FFCという水の命を使って、
「これからも皆さんの癒しと潤いの場になるように、快適で清潔な環境を提供していきたい」と話されています。

健康を通して社会貢献を目指す志を感じる企業として、これからも注目が集まりそうです。


確かに、サウナの匂いって気になりますよね。
その匂いが感じなくなり、さらに清潔になるのであればとっても安心して利用できますよね^^
これは、人気になりますよね!
全国のサウナが、パイロゲン・FFCを導入したら、
いったいどうなるのでしょうね。

水質の環境改善につながりそうですよね^^
期待しています!

パイロゲン活用商品に興味のある方は、こちら!

パイロゲン・FFCの技術をプールに活用されています。
安心して泳げるプール、
水の中にいることが多い、指導員にとってもすごくいいことですよね!
では、その内容について、お伝えします。

現在、パイロゲン・FFCの活用をしているクリエイトL&Sでは、
水道水が入る2ヶ所の大型水槽各々にFFCセラミックスを投入しています。
さらに、プールや温水ジャグジーにもFFCセラミックスを使っています。


その結果、
「塩素のいやな臭いがしない。ゴーグルを付けなくても目が腫れたり痛くなったりしない。髪の毛がパサパサしたり、脱色したりしない。水着が他のプールと違ってボロボロにならない。肌が荒れない」

パイロゲン・FFCの活用が利用者からの圧倒的な評価につながっています。

熱心にプールに通ってくるのは、子供たち・親子連れ・妊婦・高齢者が大半で、女性の比率が高くなっています。
ですから、このパイロゲン・FFC活用での評価の内容は、どれも女性ならでは、母親ならではの印象で、
これだけの評価が出るのはすごいことだと思います。

塩素に関して付け加えれば、ここのプールも厚生労働省の基準値0.7ppmの塩素濃度を有しています。
そうしたなかでの、パイロゲン・FFCウォーターに対する感想は興味深いものがありますよね。


このパイロゲン・FFC活用はスタッフにも、職場環境にもプラスになっています。

クリエイトL&Sはスイミングスクールを運営しているので、多数のコーチ・指導員がいます。
彼らは、毎日、プールの水の中に長時間いるわけだから、職場環境と水との関係についてはまさに「自分の体で実験している」ことになりますよね。
現に男性チーフは、毎朝プールの水を口に含んで状態を検査しているそうで、
男性チーフによれば、パイロゲン・FFC導入以前は「水に刺激が強く、舌にビリビリ来る感じ」だったのが
FFCセラミックスを入れたら「まろやかで、口当たりが良くなった」との事。

プールの水はもちろん飲むための水ではないが、小さいお子さんだけでなく、誰もが多少は飲んでしまうもの。
このパイロゲン・FFC導入で、健康に配慮しているプールでは、スタッフも笑顔いっぱい。
この他にも、「日々の清掃が楽になった。ヌメリが解消。金属部分にサビが付着しない。メンテナンス時間が減少・・・」等の経済効果が目白押し。
現在、新規会員の獲得などプール業界は厳しい市場競争の只中にあるのも事実。
そのなかで、パイロゲン・FFC活用で利用者の健康と施設に関する環境対策を充実して行く事が、
今後の発展につながっていくのではないだろうか。
いや、パイロゲン・FFCは確実にその大役を果たすだろう。

パイロゲン・FFCは、私たちの身近な、でも意外と気がつかない、
そんなところで、健康につながる役割を、地道にになっていることが、
伝わってきますね!
多くの施設で、パイロゲン・FFCの活用が広がればいいですね。

パイロゲン活用商品に興味のある方は、こちら!