トップページ>>FFCテクノロジーは分野を超えてなぜ活用されるのか・・・


行き着く共通点

FFCテクノロジーは、
『農業』、『園芸』、『畜産』、『食品加工』をはじめとした、
幅広い分野で活用されている。

各分野の活用実績と、
なぜ活用するに至ったのかという
活用までの経緯を見ていくと、
ある一つの共通点に行き着く。

それは、
『水』の現状である。

ヒトにおける、
水道水と活性酸素の問題を見てもわかるように、
あらゆる生命にとって、
どのような水を摂り入れているかが、
最終的な結果に大きく関係していることは、
すでに多くの方が気づいていることではないだろうか・・・

客観的にFFCテクノロジーを見るならば、
直接、ヒトに対して、活用していく方向性よりも、
『農業』、『園芸』、『畜産』、『食品加工』といった、
生産においての活用価値が高いように感じる。

では、
直接、ヒトが活用していく『水』については、
どうすればよいのか・・・?

色々と研究してきた結果、
現段階では、

『天然の活性水素を含む水』が、
最も活用価値が高いという結論に至っている。

この記事内容を見て、
『そうか、水を変えれば健康問題が解決するかも…』
という、間違ったとらえ方にならないように、
ひと言だけ付け加えておきます。

水にしても、栄養素にしても、
何か一つで問題解決できるほど、
ヒトのからだは単純ではありません。

現在社会問題化している健康問題を、
本気で解決したいと思われているなら

自分自身のからだに備わっている機能が
本来の働きをしてくれる仕組みをつくることに
取り組んでいただけたらと思います。

『水』はその仕組みの中の一つでしかないのです。



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔