トップページパイロゲン・FFC活用 食品加工パイロゲン・FFCでカット野菜の常識を覆す非常識な成功!

パイロゲン・FFC活用 食品加工

FFCウォーターに満ちた工場がここに!!
岩手県盛岡市の郊外にある「ベジコーンとづか」。
東北地方有数の野菜カット工場です。

清潔感あふれる工場内は、気になるニオイが全く、
様々な野菜が、多様なサイズ・形に手際よく切り揃えられていく。
工場には、もちろんFFC元始活水器が設置され、
全工程でFFCウォーターが使われている。
全ての野菜は、カットされる前に水(FFCウォーター)に浸けられ、
カット後も再び水(FFCウォーター)に浸けられる。

さらに、道具や器具、床の掃除にもFFCウォーターが使われる。
水を大量に使う職場だけに、工場がまるごとFFCウォーターに満たされている、そんな感じがする。

FFC元始活水器を取り付けようと思い立ったのは、常務の戸塚紀美子さん。
常務は、水の大切さは以前から認識していたという。

「カット野菜は水が命。いろんな水を試してきたが、どんな水を使っても雑菌が増殖し腐敗してしまう。
この一番の課題が、FFCウォーターで簡単に解決したのです。
いろいろとためし、最後にたどり着いたのがパイロゲンFFCなのです。」
と戸塚さんは話す。
 
まさに、パイロゲンFFCにより、業界で不可能だと思われていたことが
可能になったということなのです。
パイロゲンFFCの導入により、他社製品と比較しても、
見た目が美しく、更に雑菌が増えないので保存性が良く、
塩素のニオイもしない、野菜本来の味を提供できるカット野菜になったのです。
 
大手スーパーや消費者からも絶賛され、今や営業に出向かなくても、次々と注文が入るようになった。
FFC導入による経済効果である!

現場スタッフも、FFC導入による鮮度向上等様々な効果を感じている。
佐々川工場長も、
「特にホウレンソウやゴボウは大きな差が出て、アクがよく取れ、嫌なニオイもしない。
変色しないで長持ちするようになった」
とかなりの変化を実感している。

さらに、女性スタッフの手荒れも気にならなくなり、
かごや道具の手入れも水洗いだけで黒ずみもニオイも付かずにきれいになるという驚きの効果。
排水も汚れが溜まらなくなり、ニオイが無くなった。
工場の環境がまるごと変わってしまったのだ!
FFC導入によって、職場環境改善という思っていた以上の結果をもたらしたのである。
 
JR盛岡駅前のビルの地下には「ベジコーンとづか」の姉妹店があり、
FFC元始活水器はこちらでも大活躍。
FFCウォーターでつくる氷と、フルーツだけで作った生ジュースが大評判を呼んでいる。
果物本来の味が引き出され、新鮮な風味が体を癒してくれる。

FFCウォーターを導入することで、新しい発見が生まれ、
創意工夫をかき立てるような気風が職場に育ってきた。」
と職場全体でその変化を実感している「ベジコーンとづか」なのです。

パイロゲンFFCの導入というひとつのきっかけで、
会社全体が大きく変わって、以前とはまったく違った会社になったようですね。

これからも、新鮮なカット野菜を、届けてくださいね。

パイロゲンとは関係ないですが、乾燥肌、敏感肌の方は、
チェックしてみては?
URL→http://akusirio.zeitakulife.com/
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔