トップページパイロゲン・FFC活用 食品加工パイロゲン・FFCが生んだ幻の酒「宮の雪」

パイロゲン・FFC活用 食品加工

FFCの導入で三冠王になった、酒蔵「宮崎本店」について
まとめてみました。


三重県に蔵元をおく創業160年の酒蔵「宮本店」(文化財建造物に指定)は、FFCの導入で全国の酒造会社初の三冠(2002年の三重県県知事賞、名古屋国税局鑑評会首位、全国新酒鑑評会金賞)を受賞した。


江戸時代以来160年の歴史を有し、文化財建築の中で純米大吟醸を醸し、
国内外の賞を総なめにする蔵元。
伝統歴史的建築物を活かし、きき酒の「日本酒大学」を開校。
杜氏の技を活かし、その伝統技術を若い職人に伝承させながら、
新技術のFFCを大胆に導入。



さらに、ISO国際品質規格9001とISO国際環境規格14001の認証を
共に取得している世界中で数少ない酒造メーカーである。

宮本店では、日本酒も焼酎も全てがFFC元始活水器の水をベースに作られている。

仕込み水をFFCウォーターにすることによって商品の風味や香り、
品質を向上させただけでなく、
酒造プラントのメンテナンスも格段に楽になり、
工場に隣接する河川には魚の群れを呼び戻した。


FFCはここでも経済と環境両方に効果を発揮している。



さらに、世界中から優れた製品を発掘、 顕彰することを目的として開催される
世界的な酒類・食品類のコンテスト「モンドセレクション」にて金賞連続受賞するなど、
海外で評価を得たことは、FFC仕込みの酒が、
欧米などの高級ワインの食文化にも受け入れられたことを意味している。
これは立派な文化的国際貢献である!



21世紀,酒造産業も規制緩和と消費者ニーズの多様化などで、大競争の真っ直中,宮社長は
「今は大変な時代!大変とは、大変化の時代で大チャンスの時代」
と喝破する。


大手メーカーが集積する灘においても、
黒字企業は10社中3社に過ぎないと言われているこの時代、
「宮の雪」は最有力のコンビニチェーン世論調査でトップに立ち、
中部・東海地域の250店舗に採用が決まった。


FFCパイロゲンの導入以来、
先進性に磨きをかけてきた宮本店にアメリカから嬉しいニュースが飛び込んで来た。
第39代大統領であり、引退後は世界平和にむけ果敢に紛争地へ赴き、
ノーベル平和賞も受賞しているジミー・カーター氏が
宮本店の「入魂宮の雪」の大ファンであり、
度々注文しているとのニュースである。


FFCパイロゲンは地球環境の改善と人々の健康を願う技術。
「Good Old Day」は宮社長がアメリカの人々に提案するFFC焼酎のネーミング。

今、FFCパイロゲンは世界に向けて平和を祈念し、「人と水との物語」を発信しているのだ。

FFCパイロゲンの導入もそうですが、
酒造りへのこだわり、気持ちが、世界に認められるものを作ったということなのでしょうね。
これからも、世界に向けて、いいものを送り出してもらいたいですね。


パイロゲンとは関係ないですが、乾燥肌、敏感肌の方は、
チェックしてみては?
URL→http://akusirio.zeitakulife.com/
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔