トップページパイロゲン・FFC活用 施設パイロゲン・FFCの癒しの力でサウナが快適!

パイロゲン・FFC活用 施設

パイロゲン・FFCの導入で、塩素臭が抑えられ水の透明度がアップ!

港洋館みなとサウナでは、あらゆる水循環系にパイロゲン・FFCを導入。
九州有数の観光・経済都市の長崎県。県庁所在地の長崎市の中心部、県庁下に「港洋館みなとサウナ」はあります。

港洋館みなとサウナは、長崎を訪れる観光客やビジネスマンの憩いの場としての人気スポットとなっています。
パイロゲン・FFC元始活水器を導入して、施設内のあらゆる水循環系にFFCウォーターがめぐり、休憩室、食事処、カプセルホテル、コインランドリーなど、さまざまな場所が快適な環境へと変化しました。

当初、パイロゲン・FFC導入には半信半疑だったが、
導入して3カ月経ったとき、水に輝きが出てきたのです。

森晴雄取締役相談役も
「水道水とせせらぎの水を比べるくらいの違いが現れました。キラキラと透明度のある湯となり、それまで感じていた次亜鉛素のニオイがしなくなった。保健所の方も驚かれていました」
と驚きの変化でした。
さらにすごいのは、カビも少なくなり、下水まできれいになってしまったのです。
サウナは一日中営業している上、密閉した休憩室で朝方まで長時間休んで一泊する人も多いため、
ほとんどのサウナはニオイがこもってしまうのが現状です。

ところが港洋館みなとサウナはパイロゲン・FFC活用の加湿器が休憩室に取り付けられていて不快な臭いがないのです。
サウナで一汗、心身爽快!すっかりリフレッシュできるので、お客様は満足度もUP!です。
リピーターが多いというのは、当然の結果かもしれませんね。

パイロゲン・FFCの導入による清潔な職場環境は、
スタッフの健康にもつながっています。

パイロゲン・FFC導入以前の浴室は、なかなか汚れがとれず、掃除が大変!
ところがパイロゲン・FFCウォーターの活用によって汚れがこびりつかなくなり、落ちやすくなったのです。
毎日大量の排水が流れる排水口もピカピカ。
パイロゲン・FFCの導入のおかげで、清潔な環境が保たれることにつながったのです。

また、パイロゲン・FFC導入以前は、人の出入りの多いフロントでは、スタッフが「喉の痛み」をよく訴えていました。
一種の職業病といった感じです。それがパイロゲン・FFC活用の加湿器を取り入れてから痛みを感じないようになったといいます。

さらに、風邪をひきやすい体質だった森氏は「風邪を引かなくなった。次第に体質が改善されたのだ」と話されてます。

また、森翔就代表取締役はパイロゲン・FFCという水の命を使って、
「これからも皆さんの癒しと潤いの場になるように、快適で清潔な環境を提供していきたい」と話されています。

健康を通して社会貢献を目指す志を感じる企業として、これからも注目が集まりそうです。


確かに、サウナの匂いって気になりますよね。
その匂いが感じなくなり、さらに清潔になるのであればとっても安心して利用できますよね^^
これは、人気になりますよね!
全国のサウナが、パイロゲン・FFCを導入したら、
いったいどうなるのでしょうね。

水質の環境改善につながりそうですよね^^
期待しています!

パイロゲン活用商品に興味のある方は、こちら!
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔