トップページパイロゲン・FFC活用 漁業パイロゲン・FFC活用で無投薬養殖に成功!

パイロゲン・FFC活用 漁業

大分県国東半島でヒラメの養殖を行うオータニ水産。
脱サラして未経験のヒラメ養殖に挑み、一時夜逃げ寸前まで追い込まれながらも、水産業でパイロゲン・FFCの効果を実証していた小積さんに出会い、今では大成功を収めている。
ヒラメが導入される水槽にはFFCセラミックスとパイロゲンを入れ、海水をFFCウォーターに転換させる。ヒラメの稚魚はこのあと4時間浸けられる。

「生き物が小さいうちにパイロゲン・FFCを体験させる」と言うルールがしっかりと守られている。
エサのペレット飼料にもパイロゲン!飼育水槽にはFFCセラミックス!これで病気に罹らない健康ヒラメが、1年で500g、2年で1、3kg、3年で2kg、と順調に育つ。
健康だから投薬の必要もない。画期的な無投薬養殖のヒラメは大人気で地元の漁師さんが食べに来るほど。青森県からホタテ養殖の漁師さん達も見学に訪れた。調理用の真水は深さ10mから汲み上げた井戸水プラスFFCセラミックス。パイロゲン・FFCの健康ヒラメは経済効果抜群だ。
地元での知名度も上がり、レストラン経営に加え、ヒラメの刺身や仕出し料理も順調だという

さらに、健康リゾート地としても今後注目されそうで、

オータニ水産には、波打ち際まで広がる2000坪の敷地がある。
パイロゲン・FFC処理水が海に流れる水路は、海鳥たちの集まるバードウォッチングスペースに。美しい砂浜と沖のテトラポットの間は絶好の海水浴ポイント。テトラ周辺にはサザエ、アワビ、タコ、ナマコが多く生息し、レストランの料理にも登場する。
パイロゲン・FFCとの出会いを契機に成功のチャンスをモノにした大谷さん。「パイロゲン・FFC活用のレストランだけでなく、夏の民宿やマリンスポーツ、FFCウォーターで温泉も作って皆さんにくつろいでもらいたい!」と夢は大きく膨らむ。

(赤塚ホームページ参照)

パイロゲン・FFCとの出会いが、大きな転機となったようですね。
1つの出会い、1つのきっかけ大切にしていきたいですよね^^

パイロゲン活用商品に興味のある方は、こちら!


トラックバックURL
この記事へのトラックバック
5 ご訪問ありがとうございます(^。^) アンチエイジング生活よりボディエンザイムの紹介です♪     ◇年より老けて見られる・・・             ◇便秘がひどい・・・         &nbsp...
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔